腰枕は必要?購入の際のポイントは?

『腰枕』という言葉を聞いたことはありますか?腰痛に悩まされている方の中には、「腰枕がおすすめ」などと言われたことがあるかもしれません。そこで今回は、腰枕はどんな時に使うか、どのように選べばいいのかを中心に紹介していきます。ぜひ腰枕について知って、腰枕を使用するかどうか判断してみてください。

 

腰枕はどんな時に使うべきなのか

腰枕はどんな時に使うのか

まず腰枕とは、腰に当てるクッションのことです。バスタオルなどを使用することで、腰枕の代行をすることもできます。そしてどんな時に使うのかですが、基本的に睡眠時に使用するのが一般的です。マットレスと腰の間に腰枕を入れ、睡眠時に腰枕を腰に当てるようにして使用します。

 

腰枕を使う効果

腰枕を使用する効果としては、「腰痛を軽減させる」ことができるとされています。この理由は、睡眠時に腰枕を使用することによって、腰が浮くことをサポートすることができるからです。

腰痛が強い方の多くは、睡眠時に腰に力が入っており、腰が自然に浮いています。腰を浮かしたまま寝ていると、腰が浮くことで、ブリッジのような状態になり、腰への負担が大きくなる「ブリッジ現象」、腰が浮くことにより、体圧分散性が悪くなることで、腰(とくに仙骨)に重みが集中してしまう「圧迫の集中」によって腰痛の一因になる恐れがあるのです。

そこで、腰枕を使用することによって、腰を浮かせないようにすることができます。これにより、「ブリッジ現象」「圧迫の集中」を改善することができるため、腰痛の一因を取り除くことができ、腰痛を軽減させる効果が期待できるのです。

 

腰枕はどうやって選ぶべきなのか

腰枕の「硬さ」「高さ」がポイント

腰枕を選ぶときには、「硬さ」「高さ」がポイントとなっています。この2つの要素をしっかりと把握して選ばなければ、腰枕を使用する意味がなくなってしまうのです。そのため、腰枕を選ぶ際には、「硬さ」「高さ」の2点を注目するようにしましょう。

 

「硬さ」の選び方

腰枕の硬さは、マットレスの硬さに合わせるべきです。マットレスの硬さに合わせなければ、腰枕としての意味がなくなってしまいます。そのため、マットレスの硬さを確認し、その後に腰枕の硬さを選ぶようにしてください。

具体的には、柔らかいマットレスには、硬めの腰枕を選択するべきです。柔らかいマットレスだと腰からお尻のあたりが沈みやすくなっています。そこで、硬めの腰枕を選ぶことで、腰をしっかりとサポートすることができるのです。

逆に、硬めのマットレスには、柔らかめの腰枕を選択するべきです。マットレスが硬い場合、腰が浮きやすくなっています。そのため、浮いている腰の部分の隙間を埋めることができるような、柔らかめの腰枕を選択するべきです。

 

「高さ」の選び方

腰枕を選び際には、高さも重要なポイントです。高すぎれば、逆に腰を痛めてしまう可能性があります。低すぎれば、フィットせずに腰枕の意味をなさないことがあります。

 

寝返りのしやすさにも注目

腰枕を選ぶときには、寝返りのしやすさもポイントとなっています。寝返りがしづらい腰枕だと、快眠することができず、逆効果となってしまいます。

おすすめなのが、横幅のある腰枕を選ぶことです。横幅がある腰枕を使用することによって、腰枕が身体からずれることを防ぐことができます。そのため、横幅を重視して、腰枕を選ぶのもポイントとなっているのです。

 

腰枕を使用する際の注意点

正しく使用しないと腰痛が悪化する可能性が

腰枕は、腰痛の軽減に効果が期待できるのですが、正しく使用しなければ腰痛が悪化する可能性があります。ここでポイントになるのが、腰枕の「高さ」にあります。腰枕が高すぎると、腰が持ち上げられすぎてしまい、腰に余計な負担をかけてしまうことがあるのです。そのため、腰枕を使用するときには、ちょうど良い高さの腰枕を使用するべきなのです。

快眠できないことも…

自分に合っている腰枕を使用しなければ、快眠できずに悪影響を与える可能性もあります。とくに、寝返りができないのは危険です。人間は、1晩で20回~30回ほど寝返りを打つとされています。寝返りをすることで、睡眠中の血行を良くしたり、蒸れを防いだりすることができるのです。

しかし、腰枕が高すぎると寝返りができず、不快になり快眠ができないことがあるのです。そうならないためにも、自分に合っている腰枕を使用することが大切となっています。

 

腰痛持ちで腰枕を検討するなら「枕」にも注目

枕でも腰痛対策ができる

腰枕を検討している方の多くは、腰痛対策として考えている方が多いのではないでしょうか。もちろん、腰枕による腰痛対策もいいのですが、「枕」でも腰痛対策は可能となっています。そもそも、使用している枕が腰痛の一因となっていることもあるのです。

枕が腰痛の原因になっている場合、「腰が曲がりやすい枕」「寝返りしにくい枕」の可能性が高いです。高すぎる枕は、腰が曲がりやすくなり、腰に負担をかけてしまいます。また、寝返りをしにくい枕では、血行が悪くなり腰を痛めてしまう原因となってしまうのです。

そのため、現在使用している枕を見直して、枕から腰痛改善を目指してみてはいかがでしょうか。

睡眠の質を向上させる枕の選び型についてもまとめています。

 

まとめ

今回は、腰枕について詳しく紹介してきました。腰枕は「高さ」「硬さ」などがポイントとなっています。自分に合っている腰枕を選ぶようにしましょう。

しかし、腰枕が必要な場合はマットレス自体が劣化している可能性もありますので、マットレスの新調を検討してみるのもよいでしょう。腰枕選びで悩んでとりあえず買って…というのを繰り返すよりも個人的にはマットレス自体を買い換えることをおすすめします。

また、腰痛の原因は枕にあるケースもあります。枕が高すぎたり、柔らかかったり腰痛の原因になることがあるのです。そのため、枕にも注目してみるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


【訪店・体験レポあり】肩こりにおすすめオーダーメイド枕ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2018.09.14

    横向き寝の枕で睡眠の質が上がるって本当?

    快適な睡眠に大きく関わってくる睡眠時の姿勢。その中でも最近話題になっているのが横向き寝です。…
  2. 2018.09.11

    ストレートネックに効果なし!枕なしのメリットとデメリットとは

    快適な睡眠に欠かすことのできない快眠アイテムの枕ですが、スマホが普及したことにより急増したストレート…
  3. 2018.08.21

    睡眠の質を向上させる枕選び4つのポイント

    今使っている枕をどのような基準で選びましたか?適当に選んでしまったり、店員や友人に勧められた…
  4. 2018.08.20

    ストレートネック対応枕のメリット・デメリット

    1人に1台は所有しているといわれているスマートフォン。現代人はスマホをよく利用するため、ついつい前か…

ピックアップ記事

  1. 2018.07.02 | 睡眠コラム

    理想的な睡眠とは?自分に合う睡眠のタイプを見極めよう
  2. 2018.06.11 | 睡眠コラム

    筋トレで睡眠の質が上がる?その意外な関係
  3. 2018.06.18 | 睡眠コラム

    睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法
  4. 2018.09.14 | 睡眠コラム

    横向き寝の枕で睡眠の質が上がるって本当?
  5. 2018.08.21 | 寝具,

    睡眠の質を向上させる枕選び4つのポイント

アーカイブ