&free

No.7
価格 25,000円
サイズ 70×43cm
サービス
コスパ

東京西川が2016年に新設。オーダーメイド枕だけではなく、周辺の寝具からアロマまで取揃える寝具ブランド

日本橋に寄る機会があったので西川の寝具が一堂に会する日本橋西川のお店に行ってきました。様々なアスリートさんのスポンサーをしていますね。

そこで見つけたのが「&free」でした。羽生結弦選手がスポンサーをしてるんですね。オーダーメイド枕の世界をさまよってきた私の耳馴染みのないメーカー……かと思いきや、「ピロースタンド」の高級ラインのオーダー枕「自遊自材」と同じなのでは?どうなんでしょうかね。と思い実際に問い合わせてみました。
&freeのオーダーメイド枕は「フィッツ(fits)」と同じ企画で、ピロースタンドで扱っているオーダーメイド枕は「自遊自材」という企画とのこと。フィッツと自遊自材の違いは、下側にウレタンのシートが1枚入っているかいないかくらい。寝心地は多少自遊自材の方が柔らかくなるのだとか。(回答意訳)

構造や寝心地感はほぼ同じであるとも言われました。販売店の違いというわけですね。

日本橋西川(寝具専門店)で買えるのは自遊自材です。&freeのお店なのに売ってる商品は自遊自材か〜い!
三越とかの百貨店で取り扱ってるのはフィッツとのことでした。なんか複雑ですね。

ちなみに近くに百貨店もある日本橋、フィッツの取り扱い店舗にも行ってみて、似たような雰囲気だったので、一気に紹介してしちゃいます。

お店の雰囲気・接客は


整理券をもらっていくスタイルなので、ちょっと見たいだけ…とフラフラと眺める程度であれば店員さんに話しかけられることはありません。オーダーメイド枕がどんなものなのかを様子見としてみるには一番立ち寄りやすいかなと思いました。寝具だけでなくアロマやハーブティ、安眠CDなども売っており枕に用がなくても行きやすい雰囲気があります。

&freeのおすすめポイント

独自の素材

オーダーメイド枕で選べる素材「エンジェルフロート」は、できたての肉まんの生地のような、ケーキのようなもちっとした感触が特徴のウレタンフォームです。このエンジェルフロートは西川独自の素材なので、この食感が好き!という方はもうここで作るしかありませんね。

低反発にありがちな「寒くなると硬くなる」という問題点が解決された素材で低反発が好きな人にはぜひ触ってもらいたい感触でした。(日本橋西川で触れたサンプルはすっごい脂っぽかったのですが、アレの正体は一体…)

また、エラストマー銅パイプも自遊自材でのみの取り扱いとなる独自の素材です。銅は抗菌作用があり耐久性にも優れているのでエラストマーパイプの上位互換と言える素材と言えるでしょう。素材にこだわりたい人はぜひ1回触ってみるなり、実際にフィッティングしてみたりすると良いです。

ちなみに百貨店で取り扱っているフィッツではエラストマー銅パイプの代わりにエラストマーパイプを取り扱っています。百貨店の方がアクセスしやすいため選べる素材がランクダウンしてしまう印象は少し残念なところでもあります。

大きめサイズが作れる

少しわかりにくいとは思いますが…

フィッツと自遊自材両方に言えるのが枕の大きさかなと思いました。横幅は70cm。普通のサイズが60〜63cmなので、ちょっと大きめなのがわかりますね。ゆったりとしたサイズで枕を使いたい人はもちろんですが、肩幅の広い人や体の大きい人にも合わせやすいサイズです。大きいサイズとなると価格が上がるメーカーもあるので、大きい枕が欲しい!といった人は&freeの枕はおすすめです。

&freeの惜しいところ

高さ調節は枕を買った店舗でのみしかできない

枕を買ったお店で測定したデータを管理しているためか、実際にフィッティングした店舗でしか再調整ができません。

そもそも固めが苦手な人には向かない

上の素材を柔らかいものを選んだとしてもその下の層が「ミニ備長炭エアセル」という硬い素材が敷き詰められているため、硬い枕が苦手な人が嫌がる圧迫感は感じてしまうでしょう。硬さ調節も主にその下の層でおこなうとのことだったので、硬い素材がそもそも得意ではない人は、&freeのまくらは相性が悪い可能性があります。

中材の入れ替えは別途料金がかかる

長いこと使ってたからか中身がへたってきたから取り替えたい…といった場合にはどの素材でも一律8,000円の料金がかかります。この料金というのは上の素材を入れ替える際のことをいっていますので、下の素材の入れ替えにはまた別に料金がかかるというわけですね。素材それぞれの寿命は2〜5年ほどなので、選んだ素材によってはコスパの悪さを感じざるを得ないです。

まとめ

自分の好みの硬さを十分に把握しておく必要がある

素材は魅力的ではありますが、傾向的には硬めの感触がが好きな人向けな印象がありました。肩こりな人は硬めな感触を好む傾向があるのでしっかりとした感触の枕を丁寧に微調整してもらえるお店としてはとても優秀だと感じましたが、そんな人はエンジェルフロートなどを選ぶのだろうかという疑問も浮かびました。同じ価格帯であればもっと細かく感触を調整できるメーカーがありますしね。


【訪店・体験レポあり】肩こりにおすすめオーダーメイド枕ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2018.09.14

    横向き寝の枕で睡眠の質が上がるって本当?

    快適な睡眠に大きく関わってくる睡眠時の姿勢。その中でも最近話題になっているのが横向き寝です。…
  2. 2018.09.11

    ストレートネックに効果なし!枕なしのメリットとデメリットとは

    快適な睡眠に欠かすことのできない快眠アイテムの枕ですが、スマホが普及したことにより急増したストレート…
  3. 2018.08.21

    睡眠の質を向上させる枕選び4つのポイント

    今使っている枕をどのような基準で選びましたか?適当に選んでしまったり、店員や友人に勧められた…
  4. 2018.08.20

    ストレートネック対応枕のメリット・デメリット

    1人に1台は所有しているといわれているスマートフォン。現代人はスマホをよく利用するため、ついつい前か…

ピックアップ記事

  1. 2018.07.02 | 睡眠コラム

    理想的な睡眠とは?自分に合う睡眠のタイプを見極めよう
  2. 2018.06.11 | 睡眠コラム

    筋トレで睡眠の質が上がる?その意外な関係
  3. 2018.09.11 | 寝具,

    ストレートネックに効果なし!枕なしのメリットとデメリットとは
  4. 2018.08.20 | 寝具,

    ストレートネック対応枕のメリット・デメリット
  5. 2018.09.14 | 睡眠コラム

    横向き寝の枕で睡眠の質が上がるって本当?

アーカイブ