睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法

ここ何年かで、睡眠時無呼吸症候群という言葉がよく聞かれるようになりました。寝ている間に、一時的に呼吸が止まるという疾患ですが、睡眠障害の一種でもあります。
今回の記事では、睡眠時無呼吸症候群とはどのような疾患でどんなリスクがあるのが、また、その原因や治療法について見ていきたいと思います。

睡眠時無呼吸症候群ってなに?

それでは早速ですが、睡眠時無呼吸症候群とはどのような疾患なのかについて見ていきたいと思います。まずは、その特徴や症状について知っておきましょう。

特徴

睡眠時無呼吸症候群の特徴はその名が示す通り、睡眠中に一時的に呼吸が止まるということがあげられます。呼吸が止まる時間は、10秒以上に及ぶとされています。
また、睡眠時無呼吸症候群を発症すると、いびきをかくのも特徴です。いびきがやんだかなと思ったら、呼吸が止まるということを繰り返します。1分間に5回以上の呼吸停止や低呼吸の見られるのが特徴です。

症状

自覚の有無にかかわらず、睡眠時無呼吸症候群にともなってもっとも顕著に見られるのがいびきです。周囲が迷惑するほどおおきないびきをかくのが特徴となっています。
また、呼吸が浅くなることから睡眠の質が低下し、夜中に何度も起きたり、朝になってもスッキリ目覚めなかったりします。

朝起きた時にむくみがあったり、頭痛を感じたりといった身体的トラブルに悩まされることもあれば、気分が落ち込んだり些細なことでイライラしたり、性機能が低下したり、ひどい場合には幻覚を見たりすることもあります。

タイプ

睡眠時無呼吸症候群には、大きく分けて3つのタイプがあります。それは、「閉塞型」「中枢型」、そして「混合型」の3つです。
もっともよく見られるタイプの睡眠時無呼吸症候群が閉塞型で、太っている人に多く見られる傾向がありますが、太っていない人でも発症する可能性はあります。

中枢型はその名の通り、中枢神経に瑕疵があることによって起こるタイプの睡眠時無呼吸症候群で、脳や心臓などのなんらかのトラブルを抱えていることで発症します。

混合型は、両者が混合して起こるタイプことをいいます。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

それでは次に、睡眠時無呼吸症候群の原因について見ていきたいと思います。ここでは、もっとも多いタイプの閉塞型と、中枢型の原因を紹介します。

 

閉塞型の場合

閉塞型の睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り、気道が閉塞することによって起こります。睡眠時無呼吸症候群を発症する人の特徴として、仰向けで寝ていると症状が出やすいということがあげられます。通常は仰向けで寝ていても空気は鼻から喉を通り、気管を経由して肺へと至るのですが、肥満などが原因で気道が狭くなると、空気が通りにくくなってしまいます。

狭くなった気道を通り抜けるときに、抵抗が生じるため、いびきが発生する訳です。さらに気道が狭くなってしまうと、無呼吸状態が生じるのです。また、人によっては扁桃腺が大きいため、呼吸が困難になっているケースもあります。閉塞型の睡眠時無呼吸症候群の特徴としては、呼吸をしようとする「呼吸努力」の見られることがあげられます。これが中枢型の睡眠時無呼吸症候群との大きな違いです。

中枢型の場合

中枢型の睡眠時無呼吸症候群の原因としては、脳や心臓、神経の疾患があげられます。閉塞型とは異なり、呼吸そのものが停止してしまうという特徴があります。

 

睡眠時無呼吸症候群のリスク

睡眠時無呼吸症候群のリスクは、単に睡眠の質が低下して、寝ても寝た気がしないというだけではありません。大きく分けると、以下の2つのリスクがあります。

 

Q・O・Lの低下

睡眠時無呼吸症候群を発症すると、Q・O・L(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が著しく低下します。夜ぐっすりと眠れていないため、日中に眠くなってしまうのです。デスクワークの人の場合、仕事中に居眠りをしたり、重要な会議の時に眠ってしまったりと、仕事に支障をきたすことがあります。また、車を運転するような仕事についている場合、運転中に猛烈な眠気に襲われ、交通事故を起こすリスクも高くなります。

 

生活習慣病のリスクが増大

睡眠時無呼吸症候群には、合併症のリスクもあります。たとえば、心筋梗塞や脳卒中を起こす確率が、健常者に比べると高いことが分かっています。
また、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を悪化させる要因となったり、不整脈の原因となったりします。治療せずに放置すると、最悪の場合、突然死することもあるということです。

 

睡眠時無呼吸症候群の診断法


睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、呼吸器科や耳鼻科で検査をすることとなります。一般的には、以下のような検査がおこなわれます。

簡易検査

簡易検査は、指先に体内の酸素飽和度を測定する機械を付けておこないます。そのまま一晩寝て、2週間ほどで結果が分かります。検査費用は3,000円から5,000円程度です。

本検査

簡易検査で睡眠時無呼吸症候群の疑いがあると分かった場合、ポリソムノグラフィー(PSG)という機器を用いて、入院しての検査をおこないます。検査費用は55,000円から60,000円程度です。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群になると、検査費用だけでなく治療費もかかるので、出来ればならないのが一番です。ただ、残念ながらなってしまった場合は、以下のような治療がおこなわれます。

運動療法

睡眠時無呼吸症候群は肥満傾向のある人に多く見られるため、その場合は運動療法による減量が推奨されます。

寝方を変える

睡眠時無呼吸症候群の治療法の1つに、寝方を変えるという方法もあげられています。仰向けで寝ると症状が出るというのであれば、横向きで寝ればいいという訳です。
そのために、寝やすい枕や布団に変えるというのも1つの手です。また、寝ている間、気道が塞がらないように、マウスピースをして寝るという方法もあります。

CPAP(シーパップ)

CPAP(シーパップ)は、「経鼻持続的陽圧呼吸法」と呼ばれており、寝ている間、鼻に当てたマスクから空気を送り出す治療です。
マスクをバンドで固定するため、慣れないうちは寝づらいかもしれませんが、睡眠時無呼吸症候群の治療法としてはもっとも効果的とされており、死亡率が低下したというデータもあります。

手術療法

睡眠時無呼吸症候群の治療法としては、手術療法もあげられています。狭くなってしまった喉の閉塞部を取り除くことで、呼吸をしやすくします。ただ、手術となると患者さんの身体的・精神的負担が多いので、なるべく最後の手段として選択されます。
ただし、扁桃腺が大きくて無呼吸が起こっている場合、扁桃腺を取り除くことで症状の劇的な改善の見られるケースが多いので、その場合は積極的に手術療法が選択されます。

禁酒

アルコールを摂取すると、粘膜がむくんでしまうため、睡眠時無呼吸症候群の症状が出やすくなってしまいます。人によっては、禁酒するだけで症状の改善が見られるということです。

 

まとめ

睡眠時無呼吸症候群について見てきましたが、いかがだったでしょうか。「睡眠に勝る休養なし」などと言われますが、睡眠の質が低下すると、さまざまな悪影響が現れます。もし身近な人に「いびきがヒドイ」と言われているようであれば、一度、病院を受診してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


【訪店・体験レポあり】肩こりにおすすめオーダーメイド枕ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2018.09.14

    横向き寝の枕で睡眠の質が上がるって本当?

    快適な睡眠に大きく関わってくる睡眠時の姿勢。その中でも最近話題になっているのが横向き寝です。…
  2. 2018.09.11

    ストレートネックに効果なし!枕なしのメリットとデメリットとは

    快適な睡眠に欠かすことのできない快眠アイテムの枕ですが、スマホが普及したことにより急増したストレート…
  3. 2018.08.21

    睡眠の質を向上させる枕選び4つのポイント

    今使っている枕をどのような基準で選びましたか?適当に選んでしまったり、店員や友人に勧められた…
  4. 2018.08.20

    ストレートネック対応枕のメリット・デメリット

    1人に1台は所有しているといわれているスマートフォン。現代人はスマホをよく利用するため、ついつい前か…

ピックアップ記事

  1. 2018.07.02 | 睡眠コラム

    理想的な睡眠とは?自分に合う睡眠のタイプを見極めよう
  2. 2018.09.11 | 寝具,

    ストレートネックに効果なし!枕なしのメリットとデメリットとは
  3. 2018.06.18 | 睡眠コラム

    睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法
  4. 2018.06.11 | 睡眠コラム

    筋トレで睡眠の質が上がる?その意外な関係
  5. 2018.08.20 | 寝具,

    ストレートネック対応枕のメリット・デメリット

アーカイブ